自信は後からついてくる

 

「自信は後からついてくる」って、よく言うじゃないですか?

このコラムは


だから自信が持てないんだ
「自信があればうまくいく」は嘘

からの続きです。


「自信があればうまくいく」は嘘に書きましたけど

 


自信を持つために頑張ってるけど、

  うまくいかないジレンマに陥ってる

 
・・・自信の無い人って・・・


「自信は後からついてくる」

ってことを、忘れちゃってる人か、
そんなこと聞いたことない!人かもしれませんね。

 

+++

実は、ダーリンの上司の後日談があるんです。

 

だから自信が持てないんだの家族会議から数日経ったある日。

ダ:いやぁー・・・
Yさん(上司) やっぱダメだ。
もう「自信」とかの問題じゃなくてさ
チャレンジする勇気がないんだもん。


きっとYさんも・・・

「自信は後からついてくる」

ってこと、忘れちゃってるか
知らない人なんでしょーね・・・。


それを、ダーリンが思い出させてあげればいいのに・・・
って、私が思ってるってことは、ここだけの秘密です(笑)


さて。

Q.自信のない人が、自信のある人になるには?!

 
ダーリンのボヤキ(笑)にありましたけど

自信の有無に関係なく
「チャレンジする勇気」が必要だと思います。


自信のない人って、
自信のない物事から逃げる癖を持ってると思うんです。

つまり、チャレンジする勇気がないのですね。


いや・・・
私自身のことを振り返っても、そうですもん。

つい最近もあったし・・・(笑)

私が、自信が持てなくてウダウダしてる時って
ほぼ100%、自信のないことを避けてる時~(汗)


なーんで自信がないかっていうと

「知らないこと」
「解らないこと」
「未知のこと」

だからなのですが・・・


そういう時に

「自信は後からついてくる」

を忘れてると、
ウダウダしちゃうんですよねぇ~(^^;


アハ・・・w



あ。

あの。


ふと

もしかすると、勘違いしてる乙女もいるかも?!

と思ったので、念のために書いておきますね。


(時々、クライアントさんの中に、勘違いしてる方をお見受けするので)


もし、あなたが

何があっても、ぜーったいに揺らがない!
一度持ったら一生モノの完全無欠の完璧な自信というものがある


みたいなイメージで
「自信」を望んでるのだとしたら・・・?

そのイメージは、さっさと捨てちゃったほうが、身のためだと思います。


もしあなたが、ものすっごく強い
「鉄(ハガネ)の女」を目指してるのなら

完全無欠の完璧な自信

そのままでOK!です。

(個人的には、あまりオススメしたくないですけど(笑)

でも、そうでないなら・・・NG!

もしかすると、そのイメージが、
自信のないあなたを、苦しくさせてる
要因のひとつに、なってるかもしれません。

 

 

これは、一度、自分自身で検証してみるといいと思います。

 

+++

ところで・・・

「自信は”後”からついてくる」

って・・・?


いったい、なんの「後」から?
いったい、どのへんの「後」から?

ついてくるんでしょうね?(笑)



私は

経験の後

についてくるもんだと思っています。


さきほど、私の、
自信がなくてウダウダするーって話で

>なーんで自信がないかっていうと

>「知らないこと」
>「解らないこと」
>「未知のこと」

>だから・・・

って書きましたけど



ウダウダ状態を、「自信」にするには


やっぱり

経験

するしかないんですよ。


しかも。
一回こっきりとかじゃー、ダメです。


あー、私にもできるじゃん!
あーー、なんだ、わかるじゃん!!
あーーー、そういうことだったのか!!


と、腑に落ちたり、確信が持てるまで、
何度でも、手を変え、品を変え、視点を変え、徹底してやる('-^*)/

そこまでやるっきゃない!のです。


自信のない人はさ・・・
そこに到達する前に、諦めちゃうんですよ。

たかが一回や二回
うまくいかなかったくらいで

やっぱりダメでした

って、簡単に言えちゃう人が、案外多いです。



ま、「諦めが早い」ってコト自体は、
別に悪いことじゃないと思うけど

自信を持ちたいのなら、
ちゃーんと自信や確信に変わるまで、
絶対に諦めんなよー!!

って思うんですよねぇ・・・。


どう思います?


+++


ということで

「自信は”後”からついてくる」

まとめ。


自信は・・・

勇気の後
経験の後
継続の後
自己確信の後

に、ついてきます。



けど・・・

これを、たった一人で、
チカラ技だけでやるのは、
なかなかツライですよね?


私は昔

「自信」と言う名の魔法のお薬があったらイイのに・・・

なーんて、思ったことがありましたよ(笑)


でも、そんなものはなくって・・・

 


最終的に、私が見つけた策は

1人でツラい時は
誰かの手を借りる
誰かを頼る

でしたね。