ご自愛の基本


 あなたは

  • 人の目が気になる
  • 不安になりやすい
  • 自分に自信がない
  • 自分を責めてしまう
  • 自分が嫌い

  このようなことで苦しさを感じたり、悩んだりしてませんか?

 

 

 

もし、この答えがYESなら・・・

 

あなたは、自分自身をどんな目で見ていることが多いでしょうか?

特に『嫌いな私』を見ている時のあなたは、どんな目をしていますか?

 

自分で自分に意識を向けて、感じてみて下さい。

 

 

あなたが自分を見る目は、あなたをホッとイイ気分にしてくれる感じでしょうか

 

それとも、あなたをイヤな気分にさせるような目でしょうか?

 

 

実は、はじめの質問がYESになる人の多くは、自分を見つめる目が厳しすぎたり、否定的だったり、意地悪だったりして、いつも(ほとんどが無意識に)ストレスを感じていたり、傷ついているのです。

 

 

そして、そのストレスや心の傷を、自分の外側に「投影」することで

  • 人の目が気になる

という状態になり

 

 

人目の目を意識することで、ますます

  • 不安になりやすい
  • 自分に自信がない
  • 自分を責めてしまう
  • 自分が嫌い

こうした「自分感覚」が、強くなっていることが多いのです。

 

 

考えてもみてください

私たちが「自分を見つめる目」は、24時間365日、時には夢の中までも、休まずに私たちを見ています。

 

その、自分をいつも見ている「目」が、厳しく意地悪な監視の目なのか?

それとも、あたたかな愛に満ちたまなざしなのか?

 

その違い(積み重ね)が、あなたの心に与えている影響の大きさや強さって、どれほどだと思いますか?

 

 

あなたを見つめる、あなたの目が、あなた自身に与えてる影響に気づくこと。

 

 

これが、あなたを幸せにする魔法「ご自愛」への第一歩です。

 

 

あなた好みの「まなざし」をイメージしましょう❤

あなたは、どんなまなざしで見つめられたいですか?

 

気持ちがホッと安心できて、心がなんとなーくシャンとする、それでいて、フワッとした幸せに包まれるようなまなざしをイメージしてみてください。

 

たとえば・・・

 

私には、こんなイメージが浮かびます(*^_^*)

 


Trails

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Places

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

People

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.